お月見の時お供えする意味と由来は?月にいるうさぎの意味は?

   

ad

十五夜と言えば、お供えをするお月見団子とすすきですよね。

それと私の中には十五夜の時、月にうさぎがいると言うイメージです。

最近よく見かけるのが、十五夜近くになるとスーパーでもお月見団子が売られていますよね。

 

スポンサードリンク



しかし、最近は伝統行事をイベントとして楽しむ方が増えて嬉しい反面、お月見団子とすすきの意味や由来、十五夜のうさぎがどうして登場するのかわかっていない方もいます。

改めて日本伝統の行事をしっかり知り、家族でお月見団子を作って楽しく十五夜を過ごしてみませんか。

 

お月見のお供え物は必要なの?

ss

お月見団子、私が小さい頃から、父方の祖母が十五夜になる日に沢山のお団子を作り、縁側にお団子を綺麗に積み上げた物以外に『野菜』と『すすき』もお供えしていました。

父方の実家は農家です。

私が小学校高学年の時、祖母に『どうしてお供えしているの』と聞くと『米や芋類がたくさん取れるようにお供えしている』と言われました。

 

農家にとっては収穫できないのはつらいです。

神様に感謝をし、収穫時期によりたくさんの農作物を収穫できるありがたさを十五夜にお願いをしています。

祖母と話し、そして私は現在親になり、子どもを育てていますが日本の伝統行事、お月見は必要です。

 

そして、お月見のお供え物の意味を皆さん知っていますか。

私は、お供え物一つ一つに対しての意味を最近まで知りませんでした。

次に『お月見団子』・『野菜』・『すすき』について意味を紹介しますね。

 

お月見にお供えする団子・野菜・すすきの意味を知ろう。

『お月見団子』これは十五夜になくてはならない大事な団子ですね。

十五夜の団子には収穫時期は豊作となり、全てに感謝をし、お米で作った団子でお供えし祈りを込められたのがお月見団子の意味です。

 

そして、月のように丸く丸められた団子は月を表しているのです。

しかもお月見団子を食べると、健康と幸せをつかむことができると言い伝えがあります。

『野菜』は家庭によって飾る家と飾らない家があると思います。

野菜は農作物の豊作と収穫を表し、感謝の意を示すためにお月見団子と一緒にお供えをします。

 

そして、実は野菜は何でもいいわけではないのです。

十五夜の時期に収穫できるサツマイモ、ジャガイモ、カボチャなどの芋類、他にはとうもろこし、栗、柿などをお供えするといいです。

 

『すすき』は秋になるとどこにでも生えていますよね。

当たり前に生えていますが、昔の方はすすきの葉が鋭利なため、魔除けの効果があるとして家の軒下辺りに吊るしていたそうです。

そして、昔は稲穂が手に入らなかったため、すすきを代用し、十五夜にすすきをお供えすれば月の精霊(神様)がついていたとされています。

 

十五夜に必ず登場するうさぎ何を意味するのか

a

幼少時代から『秋になると月にどうしてうさぎがいるの』と思った十五夜のうさぎ。

今は私の子どもたちが『秋になるとどうして月にうさぎがいるの』と言われ疑問に思っています。

私の長年の疑問が子どもたちも疑問になり、私が自信を持って子どもたちに伝えるために調べてみました。

 

月のうさぎはインドのジャータカ神話からというのが世間には知られています。

このお話は悲しい神話です。

話の内容は『天竺に暮らすさる、きつね、うさぎが人の役に立つことをしたいと聞いたお釈迦さまがお腹を空かせた老人になり、この3匹がどのような行動をするか試したものです。

さるは木に登り果物を取り、きつねは取り、魚を老人にあげました。

しかし、うさぎはどんなに頑張っても立つことも獲物を捕ることもできない。さるときつねに火を焚いてもらい自らを食べてもらうために火の中に飛び込んだのです。

これを見た老人はお釈迦さまに戻り、うさぎにかわいそうな事をしたと思いうさぎを月の中にうさぎの姿を永遠に残してやろうと言い月にうさぎの姿が残るようになった』とされています。

 

そして、うさぎがどうして月で餅つきをしているのか。

これは、中国で月のうさぎが杵を持ち不老不死の薬をついていたとされています。

しかし、日本に月のうさぎの話が伝わってからは日本特有の満月を示す言葉に『望月(もちづき)』があります。

そのために薬が餅になり、月でうさぎが餅をついているに変化したのです。

 

お月見とお供え物と月のうさぎのまとめ

お月見のお供え物『お団子』・『野菜』・『すすき』どれ一つにしても十五夜のお月見にはとても大事な役割をしてくれます。

一言で言うと『全てにおいて感謝する』と言うことかなと思います。

月のうさぎは悲しいお話ですが、この話を元に月のうさぎができたことをおこさんに自信を持って伝えてください。

9月15日は十五夜です。

素敵な夜を過ごしてください。

スポンサードリンク

 - 暮らしの情報