夏にランニングを始める女子は注意!熱中症を防ぐ服装チェックポイントとは?

   

夏ランニング

夏に向けてダイエットのためにランニングを始めようと思ってる女性も多いのではないでしょうか?

日差しが強くなってくるこの時期、「夏らしいウェアに変えたいな~」なんて考えてしまいます。

 

スポンサードリンク



私の場合は「痩せて見えるはず?!」と、ついついこの点だけを基準に色や形を選んでしまうのですが、、この時期に怖い熱中症は服装から予防することもできるんです。

今シーズンのウェア選びは熱中症予防も考慮した服装を考えてみよう。ということで

ポイントをまとめてみました。

熱中症と服装には関係があるの!?

夏ランニング1

毎年、熱くなってくると熱中症による死亡事故などのニュースが増えてきます。

そもそも熱中症というのは、

気温や湿度が高い環境に長い時間いると、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもったり急激に汗をかいたりして体の水分や塩分が奪われることでおきる症状」なんですね。

だから暑い季節のランニングというのはかなりリスクが高いといえます。

では夏はランニングをお休みするの( Д)?? なんてことは心配ありません。

上手に熱中症を予防して楽しいランニングを続けたいですよね。

熱中症の原因から考えるとランニングの時には、

  1. 涼しい服装
  2. 帽子やサングラスの使用
  3. 水分補給

を押さえておけば、かなりリスクを減らすことができるのです。

関連記事:早朝ランニングのススメ!三日坊主でも楽しく続けるコツと驚きの効果とは?

 

知らなきゃ危ない!! 服装のチェックポイント

夏ランニング2

では、服装で気を付けたいポイントとは。

  1. 絶対にNGはサウナスーツ

「ありえない!!」

と思うかもしれませんが、春先にやってしまいました。

気温も高くないし、サウナスーツだと効率的に汗をかいて痩せるかも( *´艸`)と考えてしまったんですね。

大変でした。やめましょう。

 

  1. 肌の露出は危険。

暑いからとついつい、ショートパンツやノースリーブを選んでしまいますが、肌に太陽光線が当たることで体にはかなりのダメージがかかります。

体が疲労してくると熱中症のリスクは高まります。

 

  1. 長袖、ロングパンツなどを選ぶとき。

暑い夏には辛いですが、吸汗、速乾機能の素材を選べばあまり気になりません。

ロングタイツの場合、「おしりが気になるっ!!」ならショートパンツやランニングスカートを組み合わせてもよいですね。

七分丈タイツで走っていた私は「まだら日焼け」になってしまった思い出が・・・

隠すなら全部隠してしまうのがおすすめです。

半袖とアームカバーという組み合わせも良いですね。(すぐ外せるので便利です。)

 

  1. 意外と選んでしまう黒カラーは実は・・

一般的に色の濃いものは熱を吸収しやすいようです。リスクを減らすなら明るめの

色を選ぶと良いですね。

私はついつい「細くみえる効果」で黒を選ぶのですが、明るい色でイメージチェンジも良いかなぁ~

最近は色が濃くても機能的に優れている素材もどんどん発売されているので、濃い色も上手に取り入れてみてもよいですね。

 

こちらのサイトではウェアのコーディネートが参考になります。

参考サイト:http://goldwinwebstore.jp/ec/contents/common/runningitem/index.html

 

お役立ち小物も機能で選ぼう!

夏ランニング3

ランニングの服装以外にも重要なのが小物選びです。

夏ならではのポイントがいくつかありますのでご紹介します。

  1. 帽子

必ず必要です。頭部から受ける日差しによる体温上昇はとても危険。頭がボーっとして思考が鈍ってきます。もちろん熱中症の原因にもなりますね。

ウェアと同様、吸汗・速乾機能で明るい色のものがおすすめです。

汗でびっしょりになるので簡単に洗えるタイプが良いですよ。

ちなみに日差しが強い季節はサンバイザーでは熱中症予防の効果は少ないです。

 

  1. サングラス

長時間日差しの中にいるので目にもダメージがあります。

紫外線があたることで防御作用が働いてメラニンが増え、せっかく肌をかくしているにもかわらず日焼けをしてしまうんですね。

これは体力消耗につながります。

私のようにメガネをしていても、スポーツ仕様のオーバーサングラスがたくさんあります。紫外線による目への負担はいろんな病気にもつながります。利用したいですよね。

 

  1. 水分補給に欠かせない水筒やボトルポーチ

水筒は本当にいろいろなタイプがあります。

軽くて、洗いやすくて、丈夫なものでお気に入りの色やデザインをみつけるのはとてもたのしいです。

以外に見落とされがちなのがボトルポーチ。自分に合うタイプを探さないと、走っているとき・・・揺れるんです。かなり。走りにくいのなんのって(>_<)

 

ウェストポーチタイプ、斜め掛けタイプといろんなタイプを試した結果、今の愛用はリュックタイプです。

(リュックタイプの説明動画)

 

体の前の二か所で固定できることが揺れ防止になっていると思います。私が使っているのは外側にボトルを挟むゴムがついているタイプでさらに便利です!

水分が足りないな~と思った時には遅かった。というケースも多く、とにかくこまめに水分補給するには欠かせない小物です。

小物選びもウェア同様に、基本的には日差しを遮り、熱をため込まない工夫をすることがポイントになります

 

まとめ

  1. 夏のランニングに気を付けなくてはならない熱中症と服装の関係
    熱中症の原因と予防のための服装の注意点
  1. おさえておきたい服装のポイント
    ランニングウェアを選ぶ時に参考になるポイントをご紹介しました。
  1. 小物選びのポイント
    ランニングウェア以外にも夏にあると便利な小物の選び方のポイントをご紹介しました。

せっかく始めたランニングなのに熱中症で身体を壊して続かなくなっては意味がありませんから、熱中症にならないための服装選びで楽しく続ける工夫をしていきましょう。

スポンサードリンク

 - 運動・ダイエット