産後の体重が落ちない!出産後に17キロ痩せた私が語るダイエットのコツ

      2016/07/13

産後ダイエット1

若いころは、「あっ、最近ちょっと太ったな…ダイエットしよう!!」と思い、たくさんダイエット法がある中で色んな方法を試し、短期間でみるみる体重が落ちていったという経験をしたという人は数多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。

しかし、年を重ねることによって、「あれ?最近太ったからダイエットをしよう」と思い色々なダイエット経験をふまえて、いざ実践。ここまでは、若いころと変わりませんよね。

 

スポンサードリンク



でも、同じ若いころにはみるみる体重が減っていったのに対し、なかなか体重は努力をしているのにもかかわらず落ちて行ってくれない…

そのなかでも、妊娠・出産をして「産後太りで体重がちっとも落ちない」と悩んでいるママ達は数多くいます。

かくゆう私自身もその中の一人でした。

そこで、実際に産後17キロの体重減量に成功した私の産後太り解消法をご紹介していきたいと思います。

 

体重が落ちていかない原因を知る

まず一つの原因として基礎代謝の低下があげられます。

基礎代謝のエネルギーのうち約40%は、筋肉で消費されるといわれています。

妊娠中はお腹が大きくなっているので体を動かす機会が減り、運動不足のせいで筋肉量が減少し、産後も基礎代謝が少なくなっているせいで体重が減りにくくなってしまうのです。

 

そして、腹筋の緩みや、骨盤の歪みも体重が落ちない原因の大きな一つです。

腹筋の大きな役割は、内臓を守ることです。妊娠中はママのお腹は赤ちゃんに押し上げられるように大きくなり、腹筋を引き伸ばしていきます。

産後すぐ、引き伸びたお腹は元のように縮むことはありませんよね。

 

私の時も、過酷な出産をした後、待っていたのは、目に入れても痛くない程愛おしい赤ちゃんと、見事なまでに伸びきったお腹でしたもの。

そこでケアを怠ると、腹筋ではなく皮下脂肪で内臓を守ろうとして結果体重増加に繋がってしまうのです。

骨盤の歪みも同様で、歪んだままにしていると、姿勢が悪くなり、お腹を出すような姿勢になり下腹部に脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

 

産後のダイエットの開始時期はいつから?

出産という大仕事を終えたママの身体は体力が衰えており、すぐに運動することはできません。

この時期は焦らず、愛する赤ちゃんや家族の為、体力回復に努め産婦人科の先生の許可をもらってから、産褥体操などの軽い運動から徐々に始めてくださいね。

 

ただし、帝王切開だった場合は注意が必要です。

帝王切開で出産したママの身体は、自然分娩のママよりも体力が衰えており、お腹を切っているため、腹筋に力が入らなかったり、お腹の傷を痛めたり、様々な問題が起こりえます。

私も2度の帝王切開での出産の経験者ですが、出産後1週間くらいで、安易に軽い運動なら大丈夫だろうと思ってしまいたるんだお腹をみた焦りから、開始してしまい傷口が少し開いてしまい抜糸が遅れてしまいました。

焦ると怖いですね。

運動を始める時期は遅くなりますが、日がたつと傷が硬化し痛みも徐々に和らいでいきますので、傷口の経過をみながら始めていきましょう。個人差はありますが、産後2か月~3か月くらいが運動開始の目安です。

 

無理せず計画を立ててダイエットを始める

産後ダイエット2

産後太りで体についた脂肪は、流動性の脂肪で、通常よりも柔らかく燃焼されやすいのです。この脂肪が定着すると落ちにくい脂肪になってしまいますが、定着するのは、産後6か月後です。

つまり、産後6か月までは燃焼されやすい脂肪なので、体重は落ちやすいんです。

私が実践した方法は、産後3か月頃は、帝王切開の傷も大分治ってきていましたので、産後ガードルを就寝時・体調な悪い時以外は身に着けていました。

ただ、長時間着けることによって、血行が悪くなったり、肌荒れをおこしてしまうこともあるので、自分の身体にあったものを無理なく着用してください。

 

そして、骨盤回しなどのストッレチは、家事や子育てをしながらのながらストレッチをします。

これを習慣づけて毎日の日課にすることで、5キロ強体重減少しました。

 

俄然、ダイエットにやる気が出てきた頃、急に体重が落ちなくなってしまい焦ってしまいました。

そんな時は、炭酸水&夜キャベツダイエットを併用して行っていきます。

やり方は、朝・昼食の前に炭酸水を飲み、食事内容はいつも通りでかまいません。

夕食は、キャベツなどを温野菜にして食べる(量は気にしない)ここでも炭酸水を飲むことで物足りなさから解放されます。私はこれを続けて、1年後には17キロの減量に成功しました。

詳しい方法はこちらの記事で紹介しています。

関連記事:産後の体重の減り方が遅い!ミルク育児でも17キロ痩せられた私の成功事例

 

まとめ

・原因を知ることで無理なく体重を減らしていくことができる。

・産後の運動の開始時期は先生の許可をもらって、2か月~3か月を目安にする。

・計画を立てることが産後ダイエットの成功の秘訣。

きれいなママさんは憧れますが、身近な人にとっては、ママの笑顔が一番です。それを忘れず、無理なく体重を減らしていきましょうね。

スポンサードリンク

 - 運動・ダイエット