喪中の時のお歳暮は贈っても良いの?忘れてはいけないマナーとは?! 

      2016/09/20

お歳暮5

喪中の時にお歳暮ってどうしたら良いの?

いざ自分が喪中だったり、送る相手が喪中だったりすると「お歳暮を贈るべきか贈らざるべきか」悩みますよね。

 

スポンサードリンク



そもそも喪中とはどれくらいの期間で、この間はお付き合いに関してどの程度控えておいた方が良いのか、このあたりを徹底的にチェックしてみましょう!!

 

喪中の期間は? 忌中というのは喪中と何が違うのか?!

お歳暮1

近親者の死に際して、ある一定の期間身を慎むのが喪中です。

喪中とは不幸があった日からおよそ一年間がその期間にあたります。

ここで気になってくるのが忌中。

たまに耳にするけどあまりはっきりと考えたことがなかったのですが、実際にお歳暮を贈るかどうかと考えるとすごく気になってきます。

 

この忌中とは不幸があった日から四十九日の期間を言います。

どこまでの近親者の不幸に対して喪中や忌中という扱いをするのかは、かなりあいまいなので、お歳暮を贈る場合は喪中や忌中のお知らせをいただいてから考えても良いかもしれませんね。

 

喪中のご連絡をいただいたらお歳暮はどうしたら良いの?

お歳暮3

お歳暮というのは日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを表すものなので、「お祝い」というわけではありません。

そのため、喪中とはいってもいつも通りにお歳暮を贈るのは問題はありません。

 

ただ、この場合に注意したいポイントは・・・。

いつものお歳暮には熨斗や紅白の水引がついていると思いますが、これは避けておきましょう。

無地の白い短冊に「お歳暮」と書いて贈るのが一般的なようです。

 

では、不幸があってからさらに日が浅い、忌中の場合も同様で良いのでしょうか。

忌中の場合は忌中(49日)があけるのを待って贈るのがよいタイミングですね。

 

但し、お年賀に重なってしまう場合はもう少し待ちましょう。お年賀は慶事にあたりますから心情的にはさけるべきですね。

「寒中見舞い」「寒中お伺い」として1月半ばから2月頃に贈ると良いでしょう。

この場合も熨斗や紅白の水引ではなく白い短冊を使用する配慮を忘れずに。

 

我が家が喪中の場合、お歳暮は贈ってもよいのかしら?

お歳暮

相手が喪中の場合と同様に「お歳暮」は日ごろの感謝の気持ちなので贈るのは問題ありません。また、贈られてきた場合も有難く受け取って構いません。

ここでも熨斗や紅白の水引はやめて白い短冊を使用するので注意しましょう。

また、忌中の間にお歳暮を贈ることは控えたほうが無難です。

忌中が明けてから贈ることになりますが、お年賀の時期に重なるようであれば「寒中見舞い」や「寒中お伺い」として時期を少しだけ遅らせて贈ることが良いでしょう。

このように贈る側、贈られる側どちらが喪中の場合も、あまり違いはなく忌中だけはずした方が良いということになります。

 

ちょっとした心遣いが大切になります。 

最近は喪中や忌中に対して割とおおらかな考え方をするようになってきていますが、やはり何かあったときには両親や親族などの目上の人に相談するなどの心遣いが大切になってきます。

それから、ちょっとした気持ちを手紙に添えると、近親者の死というものに直面して寂しい気持ちになっている相手に対しての心遣いが伝わるのではないかと思います。

マナーやルールもありますが、それだけにとらわれない優しい心遣いをプラスできるとよいですね。

 

まとめ

  1. 喪中と忌中の期間や違いについて不幸があった日から四十九日までを忌中

    不幸があってから1年間程度を喪中といいます。

  1. お歳暮を贈る相手が喪中の場合   

    基本的にはお歳暮を贈っても問題ありません。

  1. 自分が喪中の時のお歳暮基本的にはお歳暮を贈っても、受け取っても問題ありません。ただし贈る時期には注意を。
  1. 喪中の時の心遣いについて

  喪中や忌中は寂しい気持ちで過ごされているということを配慮した心遣いを。

スポンサードリンク

 - 暮らしの情報