マツエクの持ちは平均何カ月?マツエクを長持ちさせる方法とは?

   

マツエク1

ここ数年前から流行り、近頃は年齢問わず、マツエクをしている女性に必ず会いますし、マツエクが当たり前になり、なくてはならない女性の美の一つになりましたよね。

実際はマツエクをしたくてもどんなまつ毛があるのか、マツエクをするときにかかる時間やマツエクが平均で何カ月維持できるか、その後のケアなどたくさん気になります。

 

スポンサードリンク



今回はその中から、マツエクは平均で何カ月程持つのかを話します。

これからマツエクを検討している方、ぜひ私と一緒に楽しくマツエクを知ってみませんか。

 

マツエクはいつから流行り出したの?

マツエク2

マツエクは美容大国の韓国から来ています。

韓国ではマツエクを約30年ほど前から行っていて日本には2000年くらいに伝えられ、2003年から今のようなマツエクが登場し、日本全国に広がっています。

現在2016年なのでごく最近の話ですが、私の友人で現在マツエクをしている友人は約8割程度います。

友人たちは『マスカラしなくていいから楽』、『本数やまつ毛の長さ、カールで顔が別人になる』、『顔が変わるから化粧するのが楽しい』など色々教えてくれました。

正直、マスカラをしなくてよかったら時短になるし、まつ毛1つで別人になれて化粧するのが楽しいならやるしかないと思い、今回はマツエク歴が長い友人達の話を交えながら話をしていきます。

 

マツエクは平均で何カ月くらい持つの?

マツエク3

先に伝えておきますが、マツエクは永久ではありません。

マツエクをする場合、時間が経つとエクステ部分が取れてしまい、しかも人間のまつ毛も肌と同じで周期があり、生え変わりがあるため自まつ毛と一緒にマツエクも自然に取れてしまいます。

そのためにマツエクのメンテナンスが必要になります。

このメンテナンスを『リペア』とマツエク業界では言っていて実際メニューにも『リペア』と書かれていると友人から教えてもらいました。

 

マツエクは短い方で3週間長い方で4週間以上持つ方もいるようです。

周りの友人たちに色々聞くと自宅での手入れや、マツエクの種類や素材、接着剤によっても変わるようです。

 

平均で1カ月程は持つとのことで大体4週間に1度。

もしくは、5、6週目で必ず『リペア』をしているとのことです。

そうすることで自まつ毛に負担がなくなります。

 

マツエクを長持ちさせる方法

折角マツエクをするならできるだけ長く持たせたいですよね。

中にはすぐに取れてしまうと言う方もいるようですが、お手入れが雑だったりする場合が多いようです。

マツエクを長く持たせるお手入れはちゃんとあり、これからお手入れ方法を紹介するので、ぜひ覚えてもらいたいです。

 

1.まつ毛が濡れた状態で寝ない。

髪の毛で例えると、濡れた状態で寝てしまうと翌日寝癖になってしまいますよね。

マツエクも同じで長くなるため乾かさないと翌日変な形になるので自まつ毛とマツエクをしっかり乾燥させて就寝してください。

2.強く目をこすらない。

目がかゆくなると自然に目をこすってしまいますよね。

マツエクは摩擦に弱いのでこするだけでも取れてしまうことが多いので強く目をこすったり、頻繁に目をこするのはやめましょう。

3.水やお湯でやさしく洗い流せるアイメイクを使おう。

マツエクはしっかりついていますがデリーケートです。

強めのアイメイクだと、含まれている成分でマツエクが取れたりする場合があるので、水やお湯で洗い流せるアイメイクを使ってください。

4.オイルクレンジングだけは絶対に使わない。

マツエクは接着剤を使用しているのでオイルクレンジングはマツエクにとっては天敵で、オイルクレンジングを使うと取れます。

なので、オイルフリーのクレンジングを使ってください。

 

マツエクの平均持ち期間のまとめ

マツエクをしようにも自まつ毛やマツエク後のお手入れ、やってはいけないことがたくさんあることがわかってもらえましたか。

マツエクをすると可愛い女性になり、マツエクをすることでマスカラをしなくていいため朝の忙しい時間の時短にもなりますね。

手入れで1つでも欠かすと持ちも短くなりますので、日々の肌のお手入れと同じようにデリケートに扱ってください。これだけで最短3週間から最長6週間持つので楽しんでメイクができます。

素敵になると女性は輝くのでマツエクを一度検討してみてください。

スポンサードリンク

 - 美容・メイク