子供の乾燥肌と体質の関係は?かゆいのは原因がある!具体的な対処法は?

   

ka4

子供が乾燥肌になるのは冬だけ、もしくは一年中子供が乾燥肌だと言う家庭もあると思います。

子供の乾燥肌は体質も関係する時があります。

私の子供は小学2年の次女が冬限定の乾燥肌、そして現在2歳の次男がアレルギー体質で乾燥肌であるために次男は定期的に皮膚科に通っています。

 

スポンサードリンク



子供が乾燥肌になってかゆがっていると私たち親はどうしたらいいか、体質などに原因があったりする時もあります。

そして、急に子供がかゆがっても家庭でできる簡単対処法も紹介します。

 

どうして子供は乾燥肌になりやすい?体質も関係がある?

ka1

冬になると大人でも乾燥肌になり、とにかくかゆくて仕方ない時がありますが、子供の乾燥肌はもっとかゆいはずです。

気づいたら子供のお腹辺りがとてもガサガサしている、下手したらかゆみからストレスで起こりやすくなる子もいます。

なにより、子供が乾燥肌になりやすのは皮膚や皮脂腺がまだ未発達のせいで乾燥肌になりやすいと親から聞いたことがあります。

 

そして、乾燥肌と体質は密接しています。

例えば、アレルギー体質の子供は普段から肌がとても敏感で普段から冬以外の季節、季節の変わり目などで急にかゆみを帯び、かいてしまいます。

さらに、乾燥肌は冬になるとアレルギー体質の子供は肌が敏感になるので普通の子供に比べて乾燥肌になるのがとても早いです。

もし、お子さまがアレルギー体質もしくは普段から肌が弱い方は冬の乾燥肌気を付けてください。

 

子供の乾燥肌のかゆみには原因がある

ka3

冬に入ると空気の乾燥や外気の気温が激しくなるので、いくら乾燥しにくい子供でも手やお腹などかゆみを感じてきます。

この、かゆみは子供の皮脂分泌量が少ないのが原因になっています。

皮脂分泌と一言で言われてもわかりにくい方もいると思うので、体の部分で一番わかりやすいのが顔なので顔を例にこれから紹介しますね。

 

大人は皮膚が厚く子供は皮膚が大人の半分ほどしかないですし、大人は皮脂分泌がしっかりとできているので夕方皮脂で顔がテカったりしますが、子供は皮脂分泌が未発達なので夕方でも顔がテカることがないですよね。

これが大人の皮脂分泌と子供の皮脂分泌の違いです。

さらには、子供は年中汗をかくほど新陳代謝がいいので子供が汗をかくとすぐにタオルなどで拭いてあげると思いますが、拭きすぎるとデリケートな子供の肌から大事な皮脂分を落としてしまい乾燥肌になることがあるので細目に拭くよりは適度に、もしくはたくさん汗をかいた時に拭いてあげる位が調度いいと思います。

 

家庭の中の日常生活でも乾燥肌になりやすい3つの要因

ka4

外以外でも家庭の中でそれも日常生活の中で子供が乾燥肌になりやすい要因があるのを知っていますか。

これから1つずつ紹介していきますので、もし日常生活の中で当てはまるものがあれば今からでも直したらもしかしたらこの冬お子さんが乾燥肌にならずに済むかも知れませんよ。

 

・爪が伸びているなら切る。…よく爪が伸びている子供を見かけますが、爪が伸びていると爪の中に黒い汚れがありますよね。

これが冬になると肌が乾燥した時に、爪が伸びている子供は爪で肌をかき、皮膚が傷ついてひっかき傷になり、伸びた爪の中にある汚れなどからバイ菌が入る恐れもあるので、爪を短く切って清潔に保ちましょう。

・長風呂と洗いすぎをやめよう。…長風呂寒い冬ならいいのではないかと思うかも知れませんが、子供は新陳代謝が激しいため長風呂をするとのぼせてしまうのと、長風呂をするだけで子供のデリケートな肌は乾燥肌になってしまう場合があるので、温まるだけで十分です。

そして、洗いすぎについてですが子供の肌は弱酸性と某CMでも言っていますが、刺激の強いシャンプーやボディーソープは子供の肌から大事な皮脂分を取ってしまいます。

そのため、よければ弱酸性などの肌にやさしい成分のシャンプーやボディーソープなどをお勧めしますが、強くこすらず、優しく髪や体を洗ってください。

・手洗いをした後の自然乾燥をやめよう…小学校に参観で行くとトイレから出てきて手を洗うのはいいことですが、自然乾燥させている子供を観たことありませんか。

 

そして、小学校では常に手洗いの徹底をさせ、家でも手洗いの徹底をさせますが一日に何度も手を洗い、そして、タオルを使わずに自然乾燥をさせると手の皮脂分泌が弱くなり、手も乾燥し、手荒れの原因になります。

なので、手を洗った後面倒臭いと子供は思いますが、手を洗いした後は必ずタオルで手をふくことを習慣付けさせることを強く勧めます。

 

子供が乾燥肌になった時、対処法さえわかれば改善できる!

ka

子供が乾燥肌になった時に対処法さえわかれば乾燥肌は改善できます。

乾燥肌が改善したらかゆいせいで寝れなかった子供も眠れますし、親もゆっくり休むことができます。

 

2つ紹介しますので、お子さんが乾燥肌になる前から対処すれば乾燥肌になりにくいと思います。

・保湿をしてあげる…大人の私たちでも乾燥すれば肌を保湿するために保湿クリームを塗り乾燥肌になるのを防いだりしますが、これが子供にも一番効きます。

そして、加湿器などで部屋の湿度をあげることで子供の乾燥肌を防ぐことができます。

・ビタミン類を摂取する…風邪をひいたらビタミンを摂取すると早く治ると祖母から聞いたことがあります。

野菜や果物にはビタミン類が豊富に入っていて、食べることで皮膚を乾燥から守ることが出来、乾燥肌予防でも、乾燥肌になってからでも効果があります。

 

子供の乾燥肌とかゆみの原因まとめ

子供がかゆいのを我慢できるはずがありません。

まず、一番は乾燥肌にならないように今からでも予防してあげることが重要です。

しかし、子供が乾燥肌になってしまった時はすぐに保湿クリームや部屋の湿度をあげ、ビタミン豊富な野菜や果物を食べさせてあげると乾燥肌が早くよくなります。

今年の冬は子供を乾燥肌にさせず元気に、そして、快適に過ごしてもらう冬にしてあげたいですね。

スポンサードリンク

 - 健康, 子育て