七五三のお参りで着る服装は?親の服装で絶対抑えておくべきポイント

   

7534

子どもの成長を祝って七五三のお参りに行かれるご家庭は多くあります。

早い時期から、写真館や貸衣装店で子どもの衣装を選んで、髪型を考えたり、七五三のお参りの後の親族集まっての食事会などの段どりを考えたり…親は本当に大変ですよね。

スポンサードリンク



そして、間際になって「はっ!?( ゚Д゚)」と気づくのが親の服装。

何を着ていったら良いのか悩みますよね。特に両家の親族が集まり、神社仏閣にお祝い事として参列するんですから。

今回は絶対に抑えておきたい親の服装のチェックポイントをご紹介いたします。

子どもの服装で親の服装も変わります。

753

子どもが主役の七五三なので、親の服装は子どもより派手だったり、挌が上だったりしてはいけません。

結婚式の時に花嫁より派手な装いをしないのと一緒ですね。

 

だから子どもが和装の場合、親は和装(この場合略礼装以上)か洋装。

子どもが洋装の場合は親も洋装が良いでしょう。まずは洋装か和装かが決まりますね。

母親が和装の場合のチェックポイント。

7878

和装の場合は選ぶ着物によって格があります。

七五三の場合は略礼装の訪問着や色無地などがふさわしいですね。

帯は着物に合わせて袋帯の二重太鼓、若しくは八寸名古屋帯でも金糸が使われているものなら合わせられます。

 

着物の格や、着物に合う帯の格についてはわかりにくい点もあります。レンタルの場合は適した着物を用意してくれると思いますが、ご自身の着物から選ぶ場合は着付けをしてくれる美容院で相談すると良いですね。

 

着物の色はあまり派手な色にならないように、子どもの着物との色の調和ができるとなお良いですね。

そして、草履やバッグ、小物など足りないものがないか。などなど当日に慌てないようにしっかりと準備をしておきましょう。

 

母親が洋装の場合のチェックポイント。

7535

洋装の場合はスーツ、ワンピースどちらでも構いません。

パンツスーツでさっそうと参列させているお母さんもよく見かけます。素敵ですよ(*^-^*)

気を付けたいのは、カジュアルすぎない事。

 

7536

出来れば明るい色で華やかにいきたいところですが、暗い色の洋装の場合は、コサージュやネックレスなどで華やかな装いにすると良いですね。

靴はオープントゥのタイプは控えた方が無難です。洋服に合わせた色のパンプスが良いでしょう。

 

父親の服装のチェックポイント。

7537

七五三の会場でなぜがお父さんだけがカジュアルなご家庭をたまに見かけます。

うっかりしてしまったんでしょうか(;^ω^)

 

基本的には母親の服装に合わせます。

一人だけ礼服ではバランスが取れないので、ビジネススーツなどが良いです。この場合はワイシャツを色柄物にするとビジネスっぽくならないですね。

 

ネクタイはあまり大きな柄ではカジュアルになってしまうため、小さ目の柄を選ぶと良いです。また色はお祝いの席なので明るめの色がお勧めです。

スーツやネクタイが素敵にコーディネートできても、靴が汚れていては台無しです。靴って結構見られているんですよね。前日には必ずピカピカに準備しておきましょう。

 

大切にしたいのは伝える気持ち。

7777

その昔、子どもの死亡率はとても高く、わが子が元気に成長したことを祝い、そしてこれからの成長を祈願する七五三という行事が始まりました。

 

このハレの日に正装をして神様にお参りする体験は子どもにとっても親にとっても大切なことではないでしょうか。

結局は決まりなどないと言ってしまえばそれまでですが、このような行事で装いには格がありそのバランスが大切などといったことを再確認することも多く日本の文化を知らず知らずに体験していると思います。

 

できることで良いと思いますが、せっかくの機会ですから家族揃って楽しく思い出に残る七五三を迎えられますように(*^-^*)

まとめ

  • 洋装か、和装か

親の装いは子どもの装いによって決まります。

子どもが主役の行事なので子どもより格の低い装いをすると良いでしょう。

  • 母親が和装の場合

和装の場合は着物の格と帯の格に注意が必要です。レンタルであれば七五三の時の着物ということで用意をしてくれますが、ご自身の着物であれば着付けをお願いする美容院などに確認すると良いでしょう。 

  • 母親が洋装の場合

カジュアルすぎなければ大丈夫です。スーツの場合スカートでもパンツでも良いでしょう。ワンピースの場合はジャケットがあると引き締ります。

  • 父親の服装

こちらもカジュアルすぎないことです。そして夫婦がバランスのとれた装いであることも大切です。ネクタイの柄や靴の汚れには注意しましょう。

  • 七五三で伝える日本の文化

堅苦しく考えずに、家族揃って日本の文化を体験する良い機会ととらえれば七五三はとても良い経験になりますね。

 

スポンサードリンク

 - 暮らしの情報